知的連鎖


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS




<< ジョナス・メカス展 | main | 武蔵境ジャズセッション >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
【POSTALCO】マイク・エーブルソン
『Carrying:マイク・エーブルソンのデザインリサーチ』
場所:MDSギャラリー(代々木上原)

POSTALCOのデザイナー、
マイク・エーブルソンの展覧会&ギャラリートーク。
今回の展覧会は、POSTALCOの商品展示ではなく、
マイク・エーブルソンがリサーチした資料を
プレゼンテーションのような形で公開したもの。
POSTALCO製品を作る為のリサーチというわけではなく、
あくまでも個人的な自由研究である事を強調していました。
リサーチのテーマは「運ぶ(Carrying)」。
身体の部位別、行為の種類別に、資料やデッサンを展示。

<主な概要>
 ・人体の解剖学
 ・アフォーダンス、人間工学
 ・「運搬」の歴史的変遷
 ・世界の「運搬」文化比較


■ギャラリートーク<覚え書き>
(当日、風邪気味で朦朧としていたため、あまり覚えていません。。かなりアバウトなメモです。)

 ・手の構造と、環境に対する所作の関係性
 ・手+腕で持ち運ぶ
 ・ロープで運ぶ(アイヌでは、おでこにヒモをひっかけて荷物を運ぶ)
 ・棒を使用して運ぶ(しょっとこ/テコの原理)
 ・身体の前後(「前に持つ、後ろに付ける」)
 ・バランス(重さとかけ声←内側からの圧力
  傾きと重さの関係、重いものを持った時の身体の傾斜角比較)
 ・家と外
  (傘や帽子→いわば屋根を持ち運ぶようなもの
   床カーペット→靴下/建築の量→荷物/自分の足、地球を包む)
 ・ポケット(脂肪のある所にポケットがある)
 ・赤ちゃん(おんぶひも。前に転ぶと危ないので後ろにおんぶする)
 ・ツールベルト/バケツ(一式にまとめる/小さなものを1つにまとめる)
 ・ラッピングとキャリングのグレーゾーン(ふろしき)
 ・江戸職人との交流
 ・車輪のついた器具で運ぶ手段は、今回のリサーチに含まない。
  (身体に密着したもののみフォーカスを当てる)

 ・ポスタルコ新商品の紹介→片手で蓋を開閉できるバッグ
 ・POSTALCO製品を作る上で→長く使えるもの、風合いを大事に。
 ・POSTALCO→名前の由来「ポスタール・カンパニー」

日本在住のマイク・エーブルソン、日本語うまい。
やや背は低め、顔ハンサム(米ドラマ「フルハウス」のパパ役に似ている?)。
物腰が柔らかく快活多弁。視野が広くとてもアクティヴで、ややパラノイア的な印象。

■参考図書
佐々木正人『知性はどこに生まれるか
        〜ダーウィンとアフォーダンス〜』
(講談社現代新書)
| アート・デザイン・写真 | 22:10 | comments(3) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 22:10 | - | - |
TBアリガトウゴザイマシタ。
ギャラリートークに行かれたのですね。お話された内容もそうですが、それ以上にマイク・エーブルソンさんがどういう人なのか、僕もお会いしてみたかったです。知的連鎖、また見に来ますね。それでは。
(「D-秋葉原プロジェクト」にもTBさせてもらいました。)
| takatokyo | 2005/11/07 11:01 PM |
ルクサさん、こんばんは。
ちょっと前から、POSTALCOの商品が気になってました。
なのでこの展示もおもしろいのではないかと思ってました。
個人的な自由研究ですかいいですね〜。
重いモノを運ぶ時、肩にかつぐとなんであんなに軽く感じるのだろうふと考えてしまいました。
| ふみ | 2005/11/08 11:04 PM |
★takatokyoさん
はじめまして。
「運ぶ」という当り前の行為も、歴史的、世界的視野で調べると
膨大な量の知恵と文化の集積があるんだなぁ、と感じました。
お気軽にTBしていって下さい。今後ともよろしくお願いします♪

★ふみさん
トークで、その辺の事を詳しく喋っていたんですが、
ちょっと頭ぼんやりで忘れてしまいました。すみません(笑)。
今までトートバッグを使っていたんですが、最近やめました。
やはり、ショルダー斜め掛けかリュックの方が
私にとっては快適ですね。両手が自由に。
両腕を動かして歩くのは大切だなぁ、と最近思います。
| luxa | 2005/11/13 10:27 PM |









http://luxaxul.jugem.jp/trackback/41
Carrying-マイク・エーブルソンのデザインリサーチ @MDS|G
代々木上原駅から、井の頭通り沿いを歩いて少しいったところにあるMDSギャラリー。マイク・エーブルソンという人はこれまで全く知らなかったけど、人間の無意識的な行為や行動の美しさという、新しい視点をもらいました。ちなみにこのギャラリーの設計は紙の建築で有名な坂茂
| NEUTRULE | 2005/11/07 10:52 PM |