知的連鎖


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS




<< 情報の文脈 | main | パパ・タラフマラ『百年の孤独』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
唯物論
「星の欠片が夜空を見上げ星について考えている」

カール・セイガンの言葉です。
細部の表現は違うかもしれませんが、
兎に角ロマンティックで好きな概念です。
『細胞内共生説』で有名なリン・マーギュリスが、
彼の妻だった事を最近知ってびっくりしています。
マーギュリスと云えば、ジェームス・ラヴロックとともに
『ガイア仮説』の提唱者として知られています。
確か坂本龍一オペラ『LIFE』で、
彼女のテキストが引用されてませんでしたっけ?
| 科学 | 16:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:50 | - | - |
ぼくもカール・セイガン好きです!高校の頃良く読みました。
彼からはかなりの影響を受けてます・・。
特に「惑星」へと「Contact」には。
おかげで高校の頃は将来SETIやるのが夢でした。

アン・ドルーヤンの前にも結婚してたんですね。
| SS | 2005/12/17 1:18 AM |
★SSさん

返事遅れました。
「人生を方向づけた一冊」というのがあるのは素敵ですね。
かけがえのない宝物を手に入れたみたいで。
SETIのプログラムは無料でダウンロードできるんですよね。

個人的な話ですが、カール・セイガンの名前を見ると、
なぜか、マイク・オールドフィールドが頭に浮かんできます(笑)。
| luxa | 2006/04/26 6:41 PM |









http://luxaxul.jugem.jp/trackback/61