知的連鎖


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS




<< YMOチルドレン | main | '06.5 INDEX >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
中世・ルネサンスの声楽
今週の
NHK-FM「ベストオブクラシック」(19:30〜21:10)
は声楽特集でしたね。

 月 ウィーン少年合唱団
 火 タリス・スコラーズ
 水 クレマン・ジャヌカン・アンサンブル
 木 エマ・カークビー
 金 サルヴァトーレ・リチートラ

特に火〜木は、私の好きな歌手&声楽グループです。
エマ・カークビーとドミニク・ヴィス、一時期ハマってました。

以前から、
よく「朝のバロック」(現「バロックの森」)
と云うラジオ番組を早起きして聴いていて
カウンターテナーや、ノンビブラートの美しい歌声
に魅了されたものです。

ECMから出ている
「ペロティヌス作品集」(試聴可)と「オフィチウム」
は愛聴盤です。

★90年代
映画「もののけ姫」で米良美一さんの歌声が注目され、
続いて映画「カストラート」が話題となり、
カウンターテナーやカストラートと云う言葉が知れ渡りました。
また、エニグマと云うミュージシャンが
テクノ風の音楽にグレゴリオ聖歌を使用したことが起爆剤となり、
妙なヒーリング・ブームと云うのが起きた事ありましたよね?
アディエマスエンヤディープ・フォレスト
デッド・カン・ダンスなどの音楽が、
ひとまとめに紹介されていた事もあります。
ちょっと強引すぎないだろうか、と当時は感じていましたが、
いずれも、伝統音楽や民族音楽などの
「歌声」に影響された音楽です。

その頃、エクトール・ザズーによる
ケルトや北欧をテーマにした企画アルバムも出ましたが、
それも「声」に着目した内容で、とても素晴らしい作品でした。
また、グレツキ「交響曲第3番・悲歌のシンフォニー」
が英国ポップ・チャートで6位になるなど、
90年代は面白い動きがたくさんありました。

★中世・ルネサンス声楽家&グループリスト★
(矢印がリンクになっています)
 タリス・スコラーズ
 クレマン・ジャヌカン・アンサンブル(ドミニク・ヴィス)
 エマ・カークビー
→ コンソートオブミュージック(アントニー・ルーリー)
 キングス・シンガーズ
 ヒリヤード・アンサンブル
 シャンティクリア
 アノニマス4
→ プロ・カンティオーネ・アンティクヮ
→ デイヴィッド・マンロウ&ロンドン古楽コンソート
→ クレマンシック・コンソート(ルネ・クレマンシック)
 Ensemble PAN
 タブラトゥーラ
 つのだたかし&波多野睦美
 ボーイズ・エアー・クワイア
 リベラ
 VITA NOVA
 スウィングル・シンガーズ
| 音楽データベース | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:46 | - | - |









http://luxaxul.jugem.jp/trackback/93